奥出雲 しいたけの里


奥出雲町は島根県の東南端、中国山地の麓に位置。
名勝天然記念物「鬼の舌震」をはじめ、美しい山々と渓谷が育ん
ださまざまな名勝を擁する、人口約16,000人の町です。古くは「
出雲國風土記」に「是は豊潤(にた)しき小国なり」と紹介された
ことが郡名の由来となったように、この地方は肥沃な土壌に恵
まれ、古くから人々が住居して農業などを営んできました。とり
わけ特産品である「仁多米」は良質米として知られているほか、
「仁多牛」は全国的に良質といわれる島根和牛の中でもトップ
クラス。同様に第3セクターの産業として町あげて取り組んだ、
菌床ホダ木栽培による「奥出雲生しいたけ」は、今や奥出雲町
の農産物第1位の売り上げを達成しています。